東京港青海埠頭でヒアリ500匹見つかり緊急調査

スポンサーリンク
国内ニュース
スポンサーリンク
スポンサーリンク

2019年11月29日 東京都江東区東京港青海埠頭で強い毒性を持つ『ヒアリ』が500匹が見つかったそうです。

環境省は29日、東京都江東区の東京港青海埠頭(ふとう)で、強い毒性を持つ特定外来生物「ヒアリ」が500匹以上見つかったと発表した。

いずれも働きアリ。他にさなぎや幼虫も見つかった。同埠頭では10月に女王アリが50匹以上確認され、国内で巣を作り定着する恐れが指摘されていたが、同省はその女王アリが国内で産んだものではないとみている。

今回のヒアリは、10月に女王アリがいた場所から300~400メートル離れたコンテナヤードで確認。

いずれも駆除した。同省によると、働きアリの大きさなどから、従来のケースと同様に海外から持ち込まれた可能性が高いとみている。

引用元: livedoor news

スポンサーリンク

ヒアリが見つかった場所はどこ?

近隣には公園がたくさんあるので移動・繁殖していなければ良いですが。。

特定外来生物『ヒアリ』とは?

南米大陸原産のアリの一種で漢字で火蟻と書きます。(そのままだww)

世界の侵略的外来種ワースト100にランクインされているので凄い毒性があるようですね。

ただし、人間が刺されて死ぬことは稀ですがアナフィラキーショックでなくなる場合もあるようなので要注意です。

朝日新聞からヒアリの生態の動画がありましたのでご紹介します。

いちから解説! 「殺人アリ」ヒアリの生態は?

見た目ですぐ分かりますね。

生態ですが亜熱帯から暖温帯に生息しています。

日本国内で冬を過ごすのも容易なのでやはり、水際で防ぐのが一番効果的です。

2017年から国内で8件の目撃情報がありそのうち、3件の負傷が報告されています。

天敵はトンボ、ツバメ、蜘蛛のようですがどれも都会では目にすることが減ってきていますね。

天敵には期待出来そうもないです。

参照:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ヒアリについてSNS上の反応は?

ツイッターでヒアリの情報を調べてみました。

 

三重県でも!

 

 

 

 

 

 

まとめ

ネット上では被害が出ていない為かあまり大事では無いような感じですがやはり何も知識がない子供達が危険なので子供達に理解出来るように周知する事と一番は子供が遊ぶときには近くにいる事が一番大切なのではないでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました