【ボートレース】八百長疑惑!積もり積もって億単位貯めたか!!

スポンサーリンク
国内ニュース
スポンサーリンク
スポンサーリンク

名古屋地検特捜部は8日、元ボートレーサー 西川昌希容疑者(29)をモーターボート競走法違反容疑で逮捕しました。

報酬として300万円を収受した様ですが親族名義の通帳には億単位の預金がある模様です。

出走するボートレースで順位を操作、見返りに現金300万円を受け取ったとして、名古屋地検特捜部は8日、モーターボート競走法違反容疑で東京都練馬区の元ボートレーサー西川昌希容疑者(29)を、現金を供与したなどとして同法違反容疑で親族の津市の会社員増川遵容疑者(53)をそれぞれ逮捕した。

逮捕容疑は共謀して、昨年7月2日に大津市の琵琶湖モーターボート競走場で行われた二つのレースで、増川容疑者が西川容疑者を上位3着に含まない3連単舟券と2着か3着になる同券をそれぞれ購入。

西川容疑者が故意にそれぞれのレースで4着と2着となり、競争の公正を害したほか、さらに同月ごろ、増川容疑者が報酬として300万円を供与、西川容疑者は収受した疑い。

特捜部は2人の認否を明らかにしていない。西川容疑者が有利な位置からスタートしながら、順位を下げるなどしたとみて詳しい経緯を捜査している。

特捜部によると、モーターボート選手はレース開催前日から、宿舎からの外出や外部との接触を禁じられるが、西川容疑者はスマートフォンを不正に持ち込み、増川容疑者と連絡を取っていたという。

出典元:SANSUPO.COM

スポンサーリンク

八百長事件逮捕に至ったレース動画

 

滋賀県大津市で開催された「ボートレースびわこ 7R」で不正があったようです。

どうやら不自然な減速でレース精査対象になり発覚した様ですね。

【西川昌希】八百長で逮捕されるきっかけとなった公営競技史上最悪のレース

 

当日、出走した2つのレースで4着と2着で完走してレースの配当倍率を約50倍と約57倍に操作し三連勝単式(1〜3着を当てる)の舟券を買って的中し約600万円当てて

半金折半し約300万円を受け取っていた様ですね。

 

まあ、月に何回かやっていれば年間にしたらべらぼうな金額になりますよ。

西川昌希容疑者のプロフィールは?

 

氏名 西川昌希
年齢 29歳
住所 東京都練馬区

年収 競艇選手 平均年収 1600万円
容疑 モーターボート競走法違反容疑

 

西川昌希容疑者の年収ですが逮捕前の競艇選手ランクは最上位の『A1』クラスです。

 

競艇はクラスによって収入も変わってきている様で各クラスの平均収入は以下の様になっています。

 

A1  約2900万円
A2  約1800万円
B1  約1100万円

 

西川昌希容疑者は最上位のA1クラスですので約2900万円の収入があった様ですが

一般人からしたらかなりの高給ですがやはりプロなので色々と経費で掛かるのでしょうか?

経費が掛からないとしても1レースで300万円、税金無しの手取り300万円ならば目が眩むのも解らないでもないですが。。。

 

西川昌希容疑者の顔画像は?

 

 

金髪のイケメンですね。

結婚ですが現在、それらの情報はありませんでした。

モテそうですし、29歳でしたらまだまだ、遊びたい盛りでしょうか。。。

 

ネットでの反応は?

 

ツイッターからの情報を調べてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

非常に残念ですね。

 

管理人はパチンコ以外ギャンブルはしませんのでレースを拝見して八百長かよくわかりませんでしたが法を犯したことよりボートレースファンを裏切ったことの方が大きな罪だと思います。

 

西川昌希者にはファンに説明しないと皆さん納得しないのではないでしょうか?

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました